現代の日本の僻地や地方の農家は人口の減少と超高齢化社会を向かえ、僅かにいる結婚適齢期の男性はパートナーの女性との出会いがなく独身のままで40歳や50歳を迎えているのです。そのためこうした地方自治体や農業組合の主催により農業体験とお見合いツアーをコラボレーションした企画を企てる様子がたくさん見られるようになっているのです。

都会の結婚適齢期の女性にとって農業体験は非常に物珍しくアドベンチャー感覚で体験したいと考えている人が多いのです。

そこに農業で生計を立てている独身男性を投入し、お見合いパーティーも兼ねるのです。めったに触ることのない土に触れ農業体験をし、とれたての生野菜の甘い味を覚えると自分も農業で生計をたてたい、農家に嫁ぎたいと考える女性も多いのです。

実際地方特産の専業農家で生計を立てている30代の男性は、都会でサラリーマンとして働いている男性よりもはるかに年収は高く、1000万円以上の年収がある男性も多く嫁ぎ先としては申し分のない条件なのです。