農業体験をしたい人が見るサイト

農業体験に興味のある人へ、具体的な内容や費用、ツアーについてなどを詳しく紹介しています。

Category: 事前に知っておきたいこと (page 2 of 4)

体験を通して達成感や奥深さを味わえる

近ごろでは、野菜やお米を自分の手で作って食べたいと望んでいる人が増えてきています。自然志向の高まりの影響もあり、無農薬でより安全に食べることのできる食物を栽培したいと考える人がさまざまな年齢層で増加しているのです。

最近では、若い人から高齢者まで幅広い年代において農業体験が高い人気を集めています。

農業体験は、専業農家の畑や田んぼで実際に田植えや収穫をすることにより、農家の人の仕事内容や苦労を身をもって体験することです。

このような農業体験は、ほとんどの人が初心者ですので、今まで知らなかった農業の奥深さや面白さ、やりがいや達成感などを肌で感じることができるのです。そのため、多くの体験者から絶大な人気を得ているのです。

また、農業体験をすることにより、今まで出会わなかった人と交流が生まれ、人脈を広げることも可能です。より広い視野で物事を見ることができるようになり、自分を成長させることもできるのです。

Continue reading

お見合いパーティーとのコラボレーションイベント

現代の日本の僻地や地方の農家は人口の減少と超高齢化社会を向かえ、僅かにいる結婚適齢期の男性はパートナーの女性との出会いがなく独身のままで40歳や50歳を迎えているのです。そのためこうした地方自治体や農業組合の主催により農業体験とお見合いツアーをコラボレーションした企画を企てる様子がたくさん見られるようになっているのです。

都会の結婚適齢期の女性にとって農業体験は非常に物珍しくアドベンチャー感覚で体験したいと考えている人が多いのです。

そこに農業で生計を立てている独身男性を投入し、お見合いパーティーも兼ねるのです。めったに触ることのない土に触れ農業体験をし、とれたての生野菜の甘い味を覚えると自分も農業で生計をたてたい、農家に嫁ぎたいと考える女性も多いのです。

実際地方特産の専業農家で生計を立てている30代の男性は、都会でサラリーマンとして働いている男性よりもはるかに年収は高く、1000万円以上の年収がある男性も多く嫁ぎ先としては申し分のない条件なのです。

Continue reading

修学旅行に組み込む学校も

修学旅行は、小学校の6年生、中学校の3年生や高校生の3年生の時に行うイベントして古くから行われています。

修学旅行の目的と言うのは、児童や生徒などが、団体行動で宿泊を伴う見学や研修を行うと言う目的があるもので、友達同士でのコミュニケーションの活性化や、旅先にある産業や歴史などを学ぶと言った目的が有ります。

目的を達成するための手段は学校により色々ではありますが、中には農業体験を行う学校も有ります。最近は若い人でも農業に興味を持つ人が増えていることからも、修学旅行と言う団体生活を行うなかで、農業体験を組み入れている学校もあるのです。

スーパーなどで販売されている野菜と言うのは鮮度を保つために葉をカットしたりして販売されています。

野菜がどのような状態で栽培が行われているのか、その野菜がどのような環境の中で栽培されているのか、野菜作りにはどのような作業yが必要なのか、どのような事に注意をしなければならないのかど、農業体験を行う事で知識として養う事が可能になり、農業への関心度を高めることが出来ると言ったメリットが有るのです。

Continue reading

農業設備費助成金という補助金制度

いろいろな市町村で農業体験を推進するために補助金の制度が設けられています。農業体験の場として、提供をする農業の場合、農業設備費助成金という補助金の制度を受けることができます。

補助金の目的としては、多くの方への農業体験の機会を確保することによって、農業に対する理解を深めるとともに、良好な農地を確保して農業振興に寄与することを目的としたものです。

また、農業体験の定義としては、農業の者の指導によって、作付けから収穫までの連続した農業体験ができる市民参加型の農業経営であることです。補助対象の条件もあり、農園の面積が5アール以上あることや日照、排水等、体験農園に適した土地であり、3年以上体験農園の用に供することができることなどいくつかの条件があります。そして、すべてを満たしていないと助成がされません。

また、農業体験をする小中学校や高校にも補助金が交付される市町村もあります。これは、体験することで生徒に農業への関心を深めることと、豊かな人間形成の推進をはかるためです。

Continue reading

地域活性化に役立つ

農業体験は、自然と触れあい、土を耕して水まきをし、収穫の喜びを感じることのできる非常にやりがいのある体験といえます。農業のスペシャリストである農家の人から、直接仕事を教えてもらうことで、農業の難しさや大変さ、食べ物のありがたみなどを実感することができるのです。

また、農業体験は、地域活性化のためにも役立ちます。過疎化が進む地方において、高齢者の多い地域では、新しく外部から訪れる人も少なく、活気があまり感じられない地域も多く見られます。そのような地域で、農業体験を企画することによって、地域活性化につながるのです。若い人や子供も農業体験をすることで、農業の楽しさや面白さを感じ、将来的にその地域に移り住む人もいるのです。

また、地元の高齢者が農業体験者にさまざまな仕事のコツや方法を教えることにより、喜ばれたり感謝されることでやりがいをを感じることもよくあります。

このようなことから、地域全体に活気が生まれ、そこに住む地域住民にも非常に良い影響を与えるのです。

Continue reading

予算によって選べるプラン

農業体験のコースには、いろいろなタイプがあります。宿泊を伴って体験するコースのものもあれば、日帰りでの体験のコースもあります。日帰り体験では、1日コースと午前中の半日コースとがあり、値段もそれほど高くはなく気軽に農業体験をすることができます。

また、宿泊を伴ったものでは、1泊2日で朝食と夕食が付いたコースや2泊3日のコースなどもあり、値段も宿泊施設や農業体験の料金などが含まれた価格設定がされていてそれほど高くなく参加できます。その地域や場所などによって値段が違いますが、気軽に農業体験をすることができます。

旅行の一環として企画されていることもあるので、自分に合った予算と日程を選ぶことができます。また、宿泊を伴うコースでは、収穫した野菜などの作物を使った調理体験もできて、とれたての作物の味を味わえることもできるので楽しく体験できます。

夜には、農業の方を囲んで農業についての疑問や質問などいろいろなお話を聞くこともできます。

Continue reading

Older posts Newer posts