農業体験をしたい人が見るサイト

農業体験に興味のある人へ、具体的な内容や費用、ツアーについてなどを詳しく紹介しています。

体験することで分かる無農薬野菜栽培の大変さ

無農薬野菜に注目されています。農薬を使っている農業は野菜は大量に作れて農薬を使った場合は虫が付きづらく、見栄えがいい野菜が作れますが安全性に問題があると言われています。

農薬がどのようなものを使われているか分からず、口の中に入るものなので安全なものを食べたいという人が増えています。農業体験というものがありますが、今まで農業に接したことが無い人が農業が楽しさと大変さを知る場所になっています。

健康思考の人が増えていて、どのようにして野菜が作られているかを知りたいという人が増えていることもあり、農業体験をしたという人がいます。農業体験は各都道府県の農協やNPO法人などが開催しています。

無農薬をテーマに農業体験を行っている団体もあり、どのようにして安全な無農薬野菜を作っているのかを身を持って体験することができます。無農薬野菜を作るためには農薬が使えないために、虫を退治するために自然の素材を使って駆除しています。雑草も処理しなければならず、大変な思いをしながら無農薬野菜は作られています。

Continue reading

無農薬野菜を栽培する苦労と美味しさを味わえる

無農薬や有機栽培にこだわる農家で農業体験をすることで、農薬を使わない栽培の難しさや、苦労が分かります。また、その大変さを身を持って感じ、実際に収穫し、食べてみることで、無農薬野菜の美味しさを、あらためて実感することができるハズです。

その味わいは、スーパーで売っている野菜に比べると、野菜とは思えない甘さ、そしてコク。始めて食べる人にとって、その濃厚な野菜の旨味は、感動を覚えること間違いありません。

また、美味しいだけでなく、栄養価も普通の野菜に比べて多く含まれているのも、無農薬野菜の魅力です。美味しいうえに、栄養もたっぷり摂れる。確かに、一般的な野菜に比べて高価ですが、それに見合う満足感を得られます。

無添加・無農薬に注目が集まっている

最近では、自然食品のお店や、高級スーパー。食材宅配の通販などを中心に、有機栽培や無農薬の野菜、無添加の食品の取扱いも増えてきています。

そこには、美味しさだけでなく、「食の安全」について見直されてきているということも原因のひとつ。

残留農薬や添加物が及ぼす体への害を考えて、多くの人が少し値段が高くても、無農薬のものだったり、無添加のものを選ぶようになってきています。

最近では、“手軽さ”が魅力である、市販の青汁やグリーンスムージーなども、無添加・無農薬にこだわっているメーカーも増えてきています。

農業体験をすることで、より深く農法の違いを理解できるとともに、無農薬や有機栽培の魅力を知ることだけでなく、食の安全に対して意識を変えるキッカケにもつながります。

Continue reading

混み合う日帰り農業体験コース

日帰りの農業体験は朝食から始まるところもあります。半日コースや一日コースと様々なプランがあります。ご家族や友達同士のグループなどで参加もできます。一日コースでは、朝に受け入れてもらい、お茶を飲みながら昨日な苦労話や人生経験を聞かせてもらいます。

日帰りなので、時間に余裕がある訳ではありませんが、今後の人生にとても役に立つお話です。思い通りに行かない自然相手の農業の大変さを身をもってしり、自然への畏敬の念や、人と人との繋がり、助け合いや想いやって協力していく心を育みます。農業体験をするだけでなく、色々な人生経験を体験できます。

子供にも、野菜と言うのはこうやって作られているから、残してはならないという事を教えることができます。今日帰りの農業体験を希望する人は多く、事前に予約をしなければ難しいです。特に夏休みや大型連休は混んでしまいます。苗を植えたり、雑草を取ったり土を起こしたり収穫など、一連の作業をします。

Continue reading

農業離れと町おこし

農業体験でまちおこしを図る自治体が増えています。農業と言うと「きつい、汚い、臭い」の3Kというイメージが強く、若者の農業離れが進んでいます。

日本の食糧自給率が2010年の調査で40%を割り込んだ現状をどうにか打破するという意味合いも込めて、農業の本当の姿を知ってもらおうと農村部の自治体が都市の若者向けに行っているのが農業体験なのです。

具体的には日帰りの農業体験や、農家にホームステイするような形の泊まり込み型の農業体験など様々なコースがあります。若者に農業の辛さ、大変さだけでなく、楽しさややりがいも知ってもらうことで、食べ物の有難さを知る食育にもなりますし、過疎化が進む町村に若者を招き入れることがまちおこしにもつながるのです。

こういった農業体験を通じて農業のやりがいを実感し、実際に都会から町村部へ移り住み、農業を営む人も増えているのです。農業体験によって、嫌なイメージの3Kでなく「カッコよくて、感動できて、稼げる」良い意味での3Kの農業に興味を持つ若者が増えることが狙いなのです。

Continue reading

需要は年々増加傾向にある

農業体験は今とても需要があります。特に学生のうちにそういった経験をすることで、その経験はとても活かすことができますし、またそれによって考えること、協力すること、もちろん農業体験によって農業の仕組みややり方なども理解をすることができます。様々なメリットがあるのです。

農業体験をしつつ、ホームステイをするというものもあります。今修学旅行などで利用されている学校もあるのですが、需要もたくさんあります。一度体験したことのある学生さんは、その時は大変だけど、やりがいもあるし、農村にホームステイすることで、特に都会育ちの学生さんにとっては、貴重な体験ができたということで、好評になっています。

最近そういった体験ができる日程を組む修学旅行がブームになりつつあります。最初は観光地が良いという声が合ったりもするのですが、終わった時には満足感、達成感であふれることができますので、とてもおすすめのものですし、需要もあります。

Continue reading

学生にとって授業以上の貴重な経験になる

農業体験をする人は、最近では多く見られます。都会に住んでいる人が田舎暮らしに憧れて、農業体験をしたり、修学旅行の一環として学生全員に体験してもらうところもあります。

学生が農業体験をする際には、今までほとんど土に触る経験もない学生が多いため、虫や泥を嫌う人もいます。しかし、努力して田植えや草むしりなどをすることで収穫の喜びや達成感を感じることができるのです。

日常生活では得ることができない大切な感情や経験を得ることによって、今後の生き方や仕事選びにそれを役立てることができます。学生が農業体験をするメリットは、このようにたくさんありますし、長い人生の中でも貴重な体験となるのです。

また、学生に教える側である農家の人にとっても、若い人にいかに分かりやすく効率的に教えることができるか、さまざまな工夫をしたり悩んだりすることで地域全体に活気が生まれるという効果も期待できるのです。多くの人が農業体験により良い影響を受けています。

Continue reading

« Older posts